Experience Vision のはじめかた

2012-09-27(木)19:30 - 21:30

KDDIウェブコミュニケーションズ

東京都千代田区麹町三丁目6番地 住友不動産麹町ビル3号館

佐々木 忍 onote2 Naoki Hashimoto Yohei Sakai 徳山克矢 Hirata Moriyuki Eiji Ito Kazunori Kawauchi 荒井千恵 鈴木三紀夫 Tomohiro Oikawa 前川 哲次 Kazuya  Okamoto fullvirtue Masashi Takehara ちゃちゃき + 23人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

発見のための道しるべを、持っているか?

エクスペリエンス・ビジョンご存知でしょうか。
問題解決型のデザインアプローチが抱える限界を超えて、人間を中心とした
ビジョンを提案する手法として、本書では紹介されています。
今回、エクスペリエンス・ビジョンに着目した理由は、ユーザー体験とともに
ビジネスの視点でビジョンを構想する点にあります。ユーザー体験とビジネス、
この2軸によるアプローチは一方の観点だけでは欠落しやすい点を上手く補完できる
可能性があると考えられるからです。

今回のDevLOVEは、エクスペリエンス・ビジョンの共著者のお一人である、
山崎和彦先生をお招きして、エクスペリエンス・ビジョンの全体像と手法概要
についてお話を頂きます。
なお、手法は実際に自分で行なってみて始めて体得するものがあるはずです。
今回の概要編を入り口として、今後は有志を募り、実際にエクスペリエンス
ビジョンのワークショップを素振りする予定でいます(*)。こちらもぜひ、強い意志が
お有りの方は、ご参加下さい(こちらは講師はつきません。アンケートで確認します)。

アジェンダ
19:00-19:30 開場
19:30-19:40 はじめに
19:40-21:00 エクスペリエンス・ビジョンのはじめかた
      [形式]レクチャー
      [登壇]山崎和彦先生
21:00-21:30 Q&A

(*)別途検討しているワークショップの予定
1. プロジェクトの目標 + ユーザーの本質的要求 + ビジネスの提供方針
->ユーザーの本質的要求: 内的な理解×潜在ニーズ=半構造化インタビューやってみる
->ユーザーの本質的要求: 外的な理解×潜在ニーズ=フォトダイアリー法やってみる
->ユーザーの本質的要求: 上位下位関係分析法やってみる
->ビジネスの提供方針
2. ユーザー設定 + ビジネス設定
-> ユーザー設定: ペルソナ作り
-> ビジネス設定: ビジネスモデルキャンパス作り
3. 構造化シナリオ
->バリューシナリオ, アクティビティシナリオ, インタラクションシナリオ
->視覚化: ペーパープロト
4. 評価
->評価
->企画書まとめ

お問い合わせ
本企画は無料のため、とくにチケットをお持ち頂く必要はありません。
イベントの情報については、DevLOVEなMLでも案内します。これを機会に是非、MLへのご参加下さい。
DevLOVE LINK
DevLOVEのFacebookグループDevLOVE Parkにぜひご参加下さい。
問い合わせ、ご連絡は、こちらまで。お気軽にどうぞ。
developlove@gmail.com

企画者 市谷聡啓( @papanda )

コミュニティについて
DevLOVE

DevLOVE

DevLOVEとは、開発(Develop)を愛する人たちの集まりです。 この集まりでは、開発の楽しさを再発見し、広げるために、下記2つのコンセプトのもと、明日の開発の現場に役に立つことを目指した勉強会やイベントを開催しています。 開発の楽しさを発見しよう。広げよう。 開発の現場を前進させよう。 公式サイト: http://www.devlove.org Facebookグループ: ht...続きを読む

コミュニティに参加