Doorkeeper

We energize us - 明日の現場を高揚させるアプローチを探す-

2013-03-06(水)19:30 - 21:30

株式会社ぐるなび

東京都千代田区有楽町1-2-2 東宝日比谷ビル15F

詳細

現場を、諦めない。

質問です。あなたの周りに、こういう現場はありますか?
* メンバーのモチベーションが低く、問題点が改善されていかない
* シニアエンジニアが若手の仕事を奪ってしまい、属人化に拍車がかかる
* プロジェクトマネージャーがリスクをとらず、新しい取り組みが採用されない
etcetc...

皆さんの現場は前進していますか。あなたの現場では、開発の楽しさを発見できていますか。
そして、現場に対するあなたのアプローチは、今日の、明日の現場につながっていますか。
停滞しがちな現場に向けて何か行動を起こすことは、簡単なことではありません。
まして、そこから現場を前進させていくのはとても難しいことです。
ですが、今いる現場を諦めてしまう前に、もう一度自分に出来ることを探してみませんか。
現場を形作るのは、人ひとりひとりです。今いる現場を前進させていくために『自分から出来る』
アプローチを皆で考えてみましょう。

企画者の私達にも答えはありません。きっと明確な答えは誰も持っていないでしょう。
ですが、それでも前進したいがために、私達は様々なアプローチを試行錯誤しています。
だからこそ皆さんと、この課題について話がしたいのです。
停滞する現場を動かすカギは、他の誰でもなく、現場にいる私達にあると信じています。
お互いの課題を共有し、次のアクションについて共に考え、現場を前に進める一手を打っていきましょう!

企画 亀田健弘/横道稔
企画協力 市谷聡啓/滝川陽一/及部敬雄



"機雷がなんだ! 全速前進!"
今回のDevLOVEのテーマは「現場を高揚/前進させるアプローチ探し」です。
参加者同士のグループダイアログを通じて、自分の現場をより前進させるためのアプローチを探してみましょう。
自分の現場の課題は、実は別の現場では既に解決しているかもしれません。もちろん、その逆もありえます。
様々な現場から人が集まりダイアログをすることの意義はここにあります。書籍を読むだけだったり、
一方的に誰かのレクチャーを受けるだけでは得られない、経験と知見の共有がここにあります。

また今回は、「アイデアを持ち帰り、現場で実践する」「その結果をフィードバックする」ことに主眼を置きます。
実践の状況や、結果はみなで共有し、さらなる前進のために活用しましょう。

We enernize usってどういうこと?
もし、あなたが翻訳版XP入門(第2版)を持っているようなら、43ページを開いてほしい。
そこには、活気ある仕事と書いてる。つまり、Energized Work(活気ある仕事)とは、XPのプラクティスなのだ。
あるいは、あなたがをアート・オブ・アジャイルデベロップメント持っているなら、85ページを(ry
プロフェッショナルは、確かに難しい環境でも優れた仕事を行う者のことだ。だが、現場が活気づいて、チームに
やる気があふれているときこそ、我々が仕事に対してベストを出せることに、我々自身が気づいているはずなんだ。
すくなくとも、ケント・ベックはそのことに気づき、XPで取り上げたんだ。現場をenergizeすることもソフトウェア開発の一部なんだ。

全速前進!ワークショップの流れ
0. まず事例共有として、企画者(亀田/横道)から自分達の現場のエピソードをいくつかご紹介します。
1. 題材(後述します)の中から、最も考えたい現場の課題を選んでいただき、グループに分かれていただきます。
2. グループ毎に、題材の内にひそむ課題、原因、解決のためのアプローチのアイデアを出し合います。
3. 各グループで出てきたアイディアを発表し、参加者全員で共有します。
参加される皆さんには各自、解決アプローチのアイデアから、明日実践するアクションに思いを馳せて帰っていただきたいと思います。
※題材について
 参加表明時に、ご自身がテーマとしたい「現場がenergizedしていない問題」(現場の活気を奪うもの)を記載していただきます。

想定する参加者
現場を前進させるため、何らかのアプローチを採ってきた方、また、これから現場を前進させることに思いを持っている方。


アジェンダ
19:15 - 19:30 開場
19:30 - 19:40 はじめに
19:40 - 20:00 とあるエンジニアの現場ストーリー
       DevLOVEと出会い、荒ぶり、ヘコみ、自分と向き合い、現場と向き合い、紆余曲折を
       経て今日ここで「We energize us」を掲げるに至った企画者の想いを、ストーリーに載せて語ります。
       閉塞した現場〜大海を知り荒ぶる思い〜折れる心と盲目の自分〜現場への葛藤と想いの確認
       〜小さいけれど確かな火種、そして。
      [形式] 事例紹介
      [話し手] 亀田健弘/横道稔(企画者)

20:00 - 21:00 全速前進!ワークショップ
      [形式] グループダイアログ(対話)

21:00 - 21:20 アプローチの共有
      [形式] グループダイアログ(対話)
21:20 - 21:30 おわりに

今回の対象領域
プロセス品質
http://www.slideshare.net/yusuke/devlove2012-15649580

ご案内
本企画は無料のため、とくにチケットをお持ち頂く必要はありません。
イベントの情報については、DevLOVEなMLでも案内します。これを機会に是非、MLへのご参加下さい。
DevLOVE LINK
DevLOVEのFacebookグループにぜひご参加下さい。
DevLOVE Park
問い合わせ、ご連絡は、こちらまで。お気軽にどうぞ。
developlove@gmail.com

企画協力
市谷聡啓
株式会社永和システムマネジメント サービスプロバイディング事業部 アジャイル開発グループ 主任。
開発現場のためのコミュニティDevLOVEのFounder。SIerでのシステム開発、インターネットサービス企業での
サービス開発、性質の異なるソフトウェア開発の経験を経て2011年より現職。
現在は、アジャイル開発のプロジェクトマネジメントや、顧客とともにアジャイルな開発プロジェクトを
立ち上げることに注力している。また、開発現場が抱える課題の発見と解決を目的に開発コミュニティ
DevLOVEを2008年から立上げ、主催している。
Twitter : @papanda
Blog : http://papanda.hatenablog.com/
滝川陽一
株式会社indexメディア&サービスソリューション局ソリューション開発部所属。
平日はゲーム会社にありながら渋くBtoB受託開発に携わり、週末はスタジアムでFC東京(Jリーグ)と
中日ドラゴンズ(プロ野球)を熱くサポートする。
アジャイル、HTML5、モバイル、UX、スタートアップなどなど多数に興味を持つ雑食系男子。一応ブロガー。
直球の速さには定評があるが暴投多め、あと変化球は苦手。
Twitter:@takigawa401
Blog: http://d.hatena.ne.jp/takigawa401/
及部敬雄
楽天株式会社 新サービス開発部所属。
2009年新卒入社で、現在入社4年目の歌って踊れるアプリケーションエンジニア。
肩書き(自称)は、野良アジャイラー、邪道スクラムマスター。趣味はスポーツ、アイドル、サブカル全般。
「常に前向きに、常に楽しく、常に素直に、常に貪欲に」がモットー。
Twitter : @TAKAKING22
Blog : http://road-to-king.hatenablog.com/
Activity : http://road-to-king.hatenablog.com/entry/2012/10/14/171216


コミュニティについて

DevLOVE

DevLOVE

DevLOVEとは、開発(Develop)を愛する人たちの集まりです。 この集まりでは、開発の楽しさを再発見し、広げるために、下記3つのコンセプトのもと、明日の開発の現場に役に立つことを目指した勉強会やイベントを開催しています。 開発の楽しさを発見しよう。広げよう。 開発の現場を前進させよう。 自分から越境しよう。 新DevLOVEサイト: https://devlove.link...

メンバーになる