Doorkeeper

カイゼン・ジャーニー・カンファレンス

2018-07-28(土)13:00 - 18:00

株式会社ヴァル研究所

東京都杉並区高円寺北2-3-17

Eisuke  Tomita Takashi  Ibuki Hiroshi Sano Shiobara 大山あゆみ gami_san yuki shiromoto yt-tanabe Tsuyoshi Okawa Hideaki Itoh kabukawa spacenet Hiroshi Tomita Kentarou Yatsumonji Toshiaki Sako ochi yuriko kichi*2 + 63人の参加者
申し込む
あと31人参加できます。
リアル参加 (会場にて参加)
無料
申込締切 7月28日 11:00
Zoom参加 (オンラインで参加)
無料
申込締切 7月26日 13:00
発表する
無料
受付終了

自分だけの物語の、ジャーニーをはじめよう。

自分の場所で、終わりなきジャーニーを始めた同朋よ。
片瀬は見つかったか?西方は呼んだか?
これからジャーニーに出ようと、佇む同朋よ。
合言葉は「A列車で行こう」だ。発射合図ももうすぐだ。

駅はどこだって?駅は、ここだ。
これから先のジャーニーに向けて、ハンガーフライトをはじめよう。

主人公は江島ではない。自分自身だ。

今回のDevLOVEのテーマは「自分が始めたリアル・カイゼン・ジャーニー」です。
書籍「カイゼン・ジャーニー」を読んで、実際に現場や仕事場で何らか始めた方が語る場として企てました。
書籍のとおりである必要はありません。企みが成功したのか、失敗したのかも、関係ありません。
あなたのジャーニーを聞かせてください。その体験は、きっと他の人のジャーニーに繋がるでしょう。

発表者

UGA さん

「フロントエンドエンジニアがたった1人で始めて変えたチームのUI開発現場 〜アトミックデザインを使ったコンポーネント指向のUI開発〜」

白子 佳孝 さん

「データ分析基盤の運用チームの運用業務を改善した話」
運用チームで取り入れた看板ボードとその使い方、運用改善チームの立ち上げ、運用Tと運用改善Tのタスク割り振りなどの話」

新田智啓 さん

「僕らのカイゼンサイクル」
アジャイルであるために型は意識せず、チームにフィットする形のカスタマイズをしています。
ただ集まるだけのKPTにならないように、改善サイクルの土台としてどのような観点でKPTを行っていたかを紹介します。
・ふりかえりの紹介
・カスタマイズしたKPT
・まわらないKPT問題対処例
・カイゼン実践したサンプル
などを紹介したいと思います

さとうだいすけ さん

「0人から始まるカイゼン」
社員が500人以上いるのにエンジニアは0人という会社が3年で30人のエンジニア組織を作るために行ったカイゼン。自分が変わると周りが変わる、周りが変わると会社が変わったというお話。

加藤翼 さん

鈴木未有 さん

社外チームでの取り組み。なぜ社内ではなく社外でするのか。するととどうなるのか。広義のDESIGNをチームの改善に用いる話。

佐藤彩子 さん

石垣雅人 さん

「カイゼン・ジャーニーを読むことで実現できた」
VSM(ValueStreamMapping)によって 実現できたリリースまでに268.5hかかっていた時間を54.5hに短縮できた秘訣』
https://www.slideshare.net/MasatoIshigaki/vsmvaluestreammapping-2685h545h-94953192

hiroshi.takeda さん

「カイゼンジャーニーに至るまでのマイカイゼンジャーニー」
MSX BASICからスタートして、コード解析やCMMIやScrumなどを通過して今どのあたりに自分がいるか?これからどこにいこうかな?という話。

山田哲寛 さん

Kenta Sasa さん

「ササの普通の冒険」
7年ぶりに客先常駐から戻ってきたササを待っていた自社の現場…それは入社時と全く変わらない、時が止まった世界でした。
10年以上変わらないことを選択した現場において、カンバンやモブなど、新しい風を吹き込み、そして時が動き出すまでのストーリーを共有します。

akira6592 さん

Tetsuro Machida さん

「自然発生型リーダーにtryする(仮題)」

はち さん

「越境ネイティブの育て方」
新入社員が入社してそろそろ配属されている頃。そんな情熱を持った新入社員たちに熱い思いで正面からぶつかる方法。力強い仲間になってもらう方法について、実体験を中心にお話します。

takarada masafumi さん

森一樹 さん

「"ふりかえり"からはじまる"わたし"のカイゼン・ジャーニー」
私はいま、「チームファシリテーター」として、ふりかえりを主として「チームをよりよくする活動」を社内外で行なっています。そこに辿り着くまで、様々な出逢いと、越境がありました。そんな旅路の全ての始まりは、"ふりかえり"でした。
"ふりかえり"から始まり、未来へと続く"わたし"のジャニーの軌跡をお話しします。これから越境する皆さんの背中を後押ししたい、そんな想いを込めてお伝えします。

イベントの進め方

・12時40分より開場します。開始は13時です。
・「リアル参加」の場合はイベントスペースにお越し下さい。
・「Zoom参加」の場合は ZoomのイベントURLを参加者にメールで送りますので、Zoomで参加してください。なお、通信の不具合などで当日配信できない場合もあります。ご承知おき下さい。
・発表は、 1人10分か20分 となっています。応募申し込み時に選択して下さい。

カイゼン・ジャーニー届け人

市谷 聡啓 ( @papanda )


<プロフィール>
ギルドワークス株式会社 代表
株式会社エナジャイル 代表
DevLOVE オーガナイザー
サービスや事業についてのアイデア段階の構想から、コンセプトを練り上げていく仮説検証とアジャイル開発の運営について経験が厚い。プログラマーからキャリアをスタートし、SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発の実践を経て、ギルドワークスを立ち上げる。それぞれの局面から得られた実践知で、ソフトウェアの共創に辿り着くべく越境し続けている。著書に「カイゼン・ジャーニー」がある。訳書に「リーン開発の現場」がある。

新井 剛 ( @araratakeshi )


<プロフィール>
株式会社ヴァル研究所 開発部 部長
株式会社エナジャイル 取締役COO
Javaコンポーネントのプロダクトマネージャー、緊急地震速報アプリケーション開発、駅すぱあとミドルエンジン開発などを経て、現在は組織をマネジメントしながら、アジャイルコーチ、カイゼンコーチ、ファシリテーター、ワークショップ等で組織開発・見える化・カイゼン・自働化文化を展開中。
Java関連雑誌・ムックの執筆や勉強会コミュニティのDevLOVE、Agile Samurai BaseCampなど運営スタッフ、イベント講演登壇も多数。
Codezine Academy ScrumBootCamp Premiumチューター
CSP(認定スクラムプロフェッショナル)、CSM(認定スクラムマスター)、CSPO(認定プロダクトオーナー)

書籍「カイゼン・ジャーニー」とは?

(Amazon紹介ページより)

「日本の現場」に寄り添った、アジャイル開発の実践!
現場のストーリーで、開発の神髄を学ぼう

【本書の特徴】
・現場のストーリーから、考え方とプラクティスを一緒に学べる
・1人でも始められる業務改善の手法から、チームマネジメントの手法まで解説
・日本の現場を前提にしているので、実践しやすい
・アジャイルをこれから始める人だけでなく、もっとうまく実践したい人にも最適

【本書に登場するプラクティス】
モブプログラミング / バリューストリームマッピング / ユーザーストーリーマッピング / 仮説キャンバス / ハンガーフライト / カンバン / 期待マネジメント / リーダーズインテグレーション / ファイブフィンガーなど

【あらすじ】
ITエンジニアとしてSIer企業に勤務する江島は、
問題だらけのプロジェクト、やる気のない社員たちに嫌気が差していた。

そんな中、ある開発者向けイベントに参加したことがきっかけで、
まずは自分の仕事から見直していこうと考える。

タスクボードや「ふりかえり」などを1人で地道に続けていると、
同僚が興味を示したため、今度は2人でカイゼンに取り組んでいく。

ここから、チームやクライアントを巻き込んだ、現場の改革がはじまる。

チーム内の軋轢、クライアントの無理難題、迫りくるローンチ……
さまざまな困難を乗り越え、江島がたどり着いた「越境する開発」とは。

「カイゼン・ジャーニー」Amazonサイト
「カイゼン・ジャーニー」翔泳社サイト
「カイゼン・ジャーニー」Facebookページ
「カイゼン・ジャーニー」Facebookグループ
「カイゼン・ジャーニー」Twitterハッシュタグ : #kaizenJ

DevLOVEって何?

DevLOVEはデベロッパー(プログラマー、デザイナー、etcetc)が集まり、昨日より今日、今日より明日と、各々が各々の現場を前進させていくための場です。

株式会社ヴァル研究所
東京都杉並区高円寺北2-3-17
Google マップで見る
コミュニティについて
DevLOVE

DevLOVE

DevLOVEとは、開発(Develop)を愛する人たちの集まりです。 この集まりでは、開発の楽しさを再発見し、広げるために、下記3つのコンセプトのもと、明日の開発の現場に役に立つことを目指した勉強会やイベントを開催しています。 開発の楽しさを発見しよう。広げよう。 開発の現場を前進させよう。 自分から越境しよう。 公式サイト: http://www.devlove.org Faceb...

メンバーになる